書籍レビュー詳細
TOP >  書籍 >  書籍レビュー詳細

体系的ソフトウェアテスト入門
Rick Craig/Stefan P. Jaskiel(著)
成田 光彰/宗 雅彦(翻訳)
日経BP社
297ページ

3,800円
カテゴリ
テスト管理、ソフトウェアテスト
概要
テスト計画、テスト設計、テスト管理、テストプロセス改善を担当する、テスト技術者やテストマネージャの業務を体系的にまとめた本。テストドキュメントの標準であるIEEE829-1998の「活用ガイド」、「教科書」としても利用できる。随所にちりばめられた筆者の経験に裏打ちされたコメントも味わい深い。
読者対象
開発 : 設計、管理
テスト : 実施、設計、管理
品質 : 担当、管理
本書の使い方
第1章~第7章、第12章
テスト計画、設計、実施までの一連のプロセスとそこで活用されるテストドキュメントを体系的に学ぶことができる。

テストを運営する立場にあたる、中堅~ベテランのテスト担当者、テスト管理者に適する。初学者もIEEE829-1998ソフトウェアテストドキュメント標準の教科書として学ぶことができる。

第8章~第11章、第12章
テスト担当者の採用、テスト組織の運営、リーダーシップ、プロセスの改善の手法を学ぶことができる。
テストチーム、テストプロジェクトを管理、運営する立場にある、テストリーダー、テストマネージャ、品質保証管理者に適している。


何を学べるか

第1章 テストプロセスの概要
第2章 リスク分析
第3章 マスターテスト計画の作成
第4章 詳細テスト計画の作成
第5章 分析と設計
第6章 テスト実行準備
第7章 テスト実行
第8章 テスト組織
第9章 ソフトウェアテスト担当者
第10章 テストマネージャ
第11章 テストプロセスの改善
第12章 重要実施事項
付録A 用語集
付録B テストに関する調査
付録C IEEEのテンプレート
付録D マスターテスト計画の例
付録E 簡素化した単体テスト計画
付録F プロセス図
付録G 参考文献



関連する書籍