用語集
TOP >  用語集
JSTQBに準拠したソフトウェアテストに関する用語集ページです。
フリーキーワード検索と五十音索引で簡単に調べることができます。
(出典:ソフトウェアテスト標準用語集 V2.3.J02)
用語検索


検索結果:30件

偽陰性結果 (FALSE-negative result)
false-pass resultを参照のこと。


机上チェック (desk checking)
手動の実行シミュレーションによるソフトウェア又は仕様のテスト。static testingも参照のこと。


擬似ランダム (pseudo-random)
ランダムであるようにみえるが、実際にはいくつか事前に決められた順序に従って生成される一揃いのもの。


既製ソフトウェア (off-the-shelf software)
一般の市場用(不特定多数のユーザ用)に開発したソフトウェア製品。全く同じものを多数の顧客に提供する。


期待結果 (expected outcome)
expected resultを参照のこと。


期待結果 (expected result)
特定の条件下で、仕様や他の情報から期待できるコンポーネントやシステムの振る舞い。


規程テスト (regulation testing)
compliance testingを参照のこと。


機能性 (functionality)
ソフトウェアが、指定された条件の下で利用されるときに、明示的及び暗示的必要性に合致する機能を提供するソフトウェア製品の能力。[ISO/IEC 9126] JSTQB訳注)JIS X 0129-1:2003より引用


機能性テスト (functionality testing)
ソフトウェア製品の機能性を判定するためのテストのプロセス。


機能テスト (functional testing)
コンポーネントやシステムの機能仕様の分析に基づいて実施するテスト。black box testingも参照のこと。


機能テスト設計技法 (functional test design technique)
コンポーネントやシステムの内部構造を参照せず、機能仕様の分析に基づいてテストケースを設計・選択すること。black box test design techniqueも参照のこと。


機能統合 (functional integration)
システム統合法のアプローチの一つ。早い時期に、基本機能を動作させるために、コンポーネントやシステムを結合すること。integration testingも参照のこと。


機能要件 (functional requirement)
コンポーネントやシステムが実行すべき機能を特定した要件。[IEEE 610]


キーパフォーマンスインジケータ (key performance indicator)
performance indicatorを参照のこと。


基本比較テスト (elementary comparison testing)
ブラックボックステスト設計技法の一つ。改良条件判定カバレッジ(MC/DC)の概念を活用した入力の組み合わせを実行するテストケースを設計する。[TMap]


キャスト (CAST)
Computer Aided Software Testing(コンピュータ支援ソフトウェアテスト)の頭字語。test automationも参照のこと。


キャプチャ/プレイバックツール (capture/playback tool)
テスト実行ツールの一つ。手動テスト中の入力を記録させ、自動テストのスクリプトを作成して、後に実行(再現)させるもの。自動回帰テストで利用することが多い。


キャプチャ/リプレイツール (capture/replay tool)
capture/playback toolを参照のこと。


QFD (QFD)
quality function deploymentを参照のこと。


共依存的振る舞い (codependent behavior)
他人に対する過度の感情的及び精神的依存。特に、人が望ましくない振る舞いをしている場合にそれを変えさせようとせず、その支援しか行なわないという精神的状態。たとえばソフトウェアテストにおいては、テストへの移行が遅延することについてクレームを付けはするものの、足りないテスト時間を補うために超過勤務する(ある意味)「ヒーロー」的な仕事を楽しんでおり、その結果スケジュールの遅延を増長することがある。


境界値 (boundary value)
同値分割した領域の端、あるいは端のどちらか側で最小の増加的距離にある入力値又は出力値。たとえばある範囲の最小値又は最大値。


境界値カバレッジ (boundary value coverage)
テストスイートによって遂行された境界値のパーセンテージ。


境界値テスト (boundary value testing)
boundary value analysisを参照のこと。


境界値分析 (boundary value analysis)
ブラックボックステスト設計技法の一つ。境界値に基づいてテストケースを設計する。boundary valueも参照のこと。


偽陽性結果 (FALSE-positive result)
false-fail resultを参照のこと。


共存性 (co-existence)
共通の資源を共有する共通の環境の中で、他の独立したソフトウェアと共存するためのソフトウェア製品の能力。[ISO/IEC 9126] portabilityも参照のこと。 JSTQB訳注)JIS X 0129-1:2003より引用


記録再生ツール (record/playback tool)
capture/playback toolを参照のこと。


記録者 (recorder)
scribeを参照のこと。


キーワード駆動テスト (keyword-driven testing)
テストスクリプト記述技術の一つ。テストデータと期待結果だけでなく、テスト対象アプリケーションに関係するキーワードを含んだデータファイルを使う。キーワードは、テストの制御スクリプトが呼び出す特別な補助スクリプトが解釈する。data-driven testingも参照のこと。


近隣統合テスト (neighborhood integration testing)
統合テストの形態の一つ。特定のノードに接続される全てのノードが、テストの基底となる。