用語集
TOP >  用語集
JSTQBに準拠したソフトウェアテストに関する用語集ページです。
フリーキーワード検索と五十音索引で簡単に調べることができます。
(出典:ソフトウェアテスト標準用語集 V2.3.J02)
用語検索


検索結果:11件

大規模統合テスト (integration testing in the large)
system integration testingを参照のこと。


体系的テストと評価プロセス (STEP(Systematic Test and Evaluation Process))
体系的なテスト方法論。テストプロセス改善のためにコンテンツベースドモデルとしても使用される。STEPによる改善は、順序には依存しない。content-based modelも参照のこと。


対処テスト (reactive testing)
テスト対象の実際のシステムの動作又は入手したテスト結果を基に、動的に対処するテスト。対処テストでは、ほとんどの場合、計画サイクルが短縮されており、テスト対象を受け取るまでテスト設計とテスト実装のフェーズが実施されない。


ダッシュボード (dashboard)
組織や活動の業務成績の動的な測定結果を、メタファによって表されたメトリクスを用いて表現したもの。ここでいうメタファとは、自動車のダッシュボードに似せた、目にみえるダイヤルやカウンターなどである。これによって、出来事や活動の結果が容易に把握でき、業務上の目標と関連付けることができる。corporate dashboard, scorecardも参照のこと。


ダーティテスト (dirty testing)
negative testingを参照のこと。


妥当性確認 (validation)
検査、及び、特定の使用法や適用に対する要件が満たされていることを客観的な証拠で確認すること。[ISO 9000]


WAMMI (WAMMI)
Website Analysis and MeasureMent Inventoryを参照のこと。


WBS (WBS)
Work Breakdown Structureを参照のこと。


段階表現 (staged representation)
成熟度レベルとして確立したプロセスエリアのゴールに達したかをみるモデル構造であり、各レベルは次のレベルの土台となるよう組み立てられている。[CMMI]


探索的テスト (exploratory testing)
非公式なテスト設計技法の一つ。テストを実施する過程で、テスト担当者がテスト実施情報を活用しながらテスト設計をコントロールし、積極的に質の高い新しいテストケースを設計する。[After Bach]


短絡評価 (short-circuiting)
複合条件を評価するためのプログラミング言語/インタープリタの技法。論理演算子の片方が最終結果を決定するのに十分である場合に、他方は評価されないことがある。