用語集
TOP >  用語集
JSTQBに準拠したソフトウェアテストに関する用語集ページです。
フリーキーワード検索と五十音索引で簡単に調べることができます。
(出典:ソフトウェアテスト標準用語集 V2.3.J02)
用語検索


検索結果:11件

チェック担当 (checker)
reviewerを参照のこと。


チェックリストベースドテスト (checklist-based testing)
経験ベースのテスト設計技法であり、経験を積んだテスト担当者が、気づき、チェックし、あるいは記憶すべき項目の高位レベルのリストやルール集、検証すべき基準を使用して実施する。


置換性 (replaceability)
同じ環境で、同じ目的のために、他の指定されたソフトウェア製品から置き換えて使用することができるソフトウェア製品の能力。[ISO/IEC 9126] portabilityも参照のこと。 JSTQB訳注)JIS X 0129-1:2003より引用


チャータ (charter)
test charterを参照のこと。


中間者攻撃 (man in the middle attack)
ユーザに気づかれることなく、第三者により、通信(たとえば、クレジットカード決済情報)の傍受、模倣、改ざん、転送が行なわれる攻撃。


中止基準 (suspension criteria)
テストアイテムに関わる全て、又は、一部のテストの活動を(一時的に)止める場合に参照する基準。[After IEEE 829]


抽象的テストケース (abstract test case)
high level test caseを参照のこと。


注文ソフトウェア (bespoke software)
特定ユーザや特定顧客専用に開発したソフトウェア。反対語はoff-the-shelf software(既製ソフトウェア)。


Chowのカバレッジメトリクス (Chow's coverage metrics)
N-switch coverageを参照のこと。[Chow]


直交表 (orthogonal array)
特殊な数学的性質を使って構築した2次元の配列であり、配列の中から選択した二つの列から、その配列の中の各値に対して全てのペアの組み合わせを提供する。


直交表テスト (orthogonal array testing)
直交表を使った変数のオールペア組み合わせテストの体系的な方法。変数を全て組み合わせたときの数を、オールペア組み合わせでテストできるまでに減らす。combinatorial testing, n-wise testing, pairwise testingも参照のこと。