用語集
TOP >  用語集
JSTQBに準拠したソフトウェアテストに関する用語集ページです。
フリーキーワード検索と五十音索引で簡単に調べることができます。
(出典:ソフトウェアテスト標準用語集 V2.3.J02)
用語検索


検索結果:28件

ハイパーリンク (hyperlink)
ウェブページで、他のウェブページへ導くためのポインタ。


ハイパーリンクテストツール (hyperlink test tool)
Webサイト上に切断されたハイパーリンクが存在しないことを確認するために使用されるツール。


バグ (bug)
defectを参照のこと。


バグトラッキングツール (bug tracking tool)
defect management toolを参照のこと。


バグ分類法 (bug taxonomy)
defect taxonomyを参照のこと。


バグレポート (bug report)
defect reportを参照のこと。


ハザード分析 (hazard analysis)
リスクの要素を特徴付けるために使う技法。ハザード分析の結果はシステム開発やテストのために使う手法を牽引する。risk analysisも参照のこと。


バージョンコントロール (version control)
configuration controlを参照のこと。


パス (path)
コンポーネントやシステムで、開始点から終了点へ至るイベント(たとえば、実行ステートメント)の順列。


パス〔合格〕 (pass)
実行結果が期待結果と一致した場合、テストは「合格」とみなす。


パスカバレッジ (path coverage)
テストスイートが遂行したパスのパーセンテージ。100%のパスカバレッジは100%のLCSAJカバレッジを意味する。


パスセンシタイジング (path sensitizing)
あるパスを実行させるため、入力値のセットを選択すること。


パステスト (path testing)
ホワイトボックステスト設計技法の一つ。パスを実行するようテストケースを設計する。


バックツーバックテスト (back-to-back testing)
二つ又はそれ以上の異なるコンポーネント又はシステムにおいて、同じ入力で実行し、出力を比較し、相違がある場合はそれを分析する。[IEEE 610]


バッファ (buffer)
一時的にデータを保管するために使うデバイス若しくはストレージの領域。データのやりとりや利用に関わるデバイス若しくはプロセスによるデータフローの割合の違いやイベントの発生率やタイミングの違い、データ量の違いに対処することができる。[IEEE 610]


バッファオーバーフロー (buffer overflow)
固定長のバッファの境界を越えてデータを格納しようとするプロセスの試みによって、結果的に隣接するメモリ領域を上書きしたり、オーバーフロー例外が発生してしまったりするなどのメモリアクセスの障害。bufferも参照のこと。


パーティションテスト (partition testing)
equivalence partitioningを参照のこと。[Beizer]


ハードウェア-ソフトウェア統合テスト (hardware-software integration testing)
ハードウェアコンポーネントとソフトウェアコンポーネントとの間のインターフェース及び相互作用に存在する欠陥を検出するために実行されるテスト。integration testingも参照のこと。


パフォーマンスインジケータ (performance indicator)
効果や効率を示す高位レベルのメトリック。開発をコントロールし、方向性を決めるために利用する。たとえば、ソフトウェア開発のためのリードタイムの遅れ。[CMMI]


バランスドスコアカード (balanced scorecard)
企業の営業活動がその目的と整合しているかどうかをビジネスの構想や戦略の観点から評価するための戦略的ツール。corporate dashboard, scorecardも参照のこと。


バリューベースド品質 (value-based quality)
品質に対する考え方の一つ。品質は価格で定義することができる。プロダクトやサービスの品質は、許容できるコスト範囲内で望まれるパフォーマンスを提供するものである、というもの。この品質はステークホルダ間で、期間、労力とコストのトレードオフに基づく意思決定プロセスによって決められる。[After Garvin] manufacturing-based quality, product-based quality, transcendent-based quality, user-based qualityも参照のこと。


パレート分析 (Pareto analysis)
意思決定における統計的手法の一つで、全体的影響を与える特定の重要な要因を選択するために使用される。品質改善の面では、問題の大半(80%)は少数の主要な原因(20%)によって発生する。


バーンダウンチャート (burndown chart)
一つのイテレーションにおける残作業と時間の関係を表すために公開されるチャート。このチャートは、イテレーションにおけるタスクの完了状況と傾向を示す。一般的に、X軸はスプリントにおける日数を表し、Y軸は残作業の量(通常、理想的なエンジニアリングの時間又はストーリーポイントのどちらか)を表す。


判定 (decision)
制御フローとして、二つ以上の選択可能なルートがあるプログラムポイント。分岐を切り分けるため、二つ以上のリンクを持ったノード。


判定結果 (decision outcome)
判定の結果(これにより、どの分岐を選択するかが決まる)。


判定条件カバレッジ (decision condition coverage)
テストスイートが遂行した条件と判定のパーセンテージ。100%の判定条件カバレッジは、100%の条件カバレッジと100%のデシジョンカバレッジを意味する。


判定条件テスト (decision condition testing)
ホワイトボックステスト設計技法の一つ。条件と判定の結果を実行するようテストケースを設計する。


反復開発モデル (iterative development model)
プロジェクトをいくつかの(通常は、多数の)反復部分に分割して開発するライフサイクルの一種。一つの反復部分は、実行可能なプロダクトを(内部、あるいは、外部へ)リリースするという結果をもたらす、完全な開発ループである。