用語集
TOP >  用語集
JSTQBに準拠したソフトウェアテストに関する用語集ページです。
フリーキーワード検索と五十音索引で簡単に調べることができます。
(出典:ソフトウェアテスト標準用語集 V2.3.J02)
用語検索


検索結果:17件

理解性 (understandability)
ソフトウェアが特定の作業に特定の利用条件で適用できるかどうか、及びどのように利用できるかを利用者が理解できるソフトウェア製品の能力。[ISO/IEC 9126] usabilityも参照のこと。 JSTQB訳注)JIS X 0129-1:2003より引用


リスク (risk)
将来、否定的な結果を生む要素。通常、影響度と発生可能性として表現する。


リスクアセスメント (risk assessment)
リスクのレベルを決定するために、特定のプロジェクトリスク又はプロダクトリスクを識別し、その後分析するプロセス。一般的に発生確率と影響度を割り当てることによって行なう。risk&link=1'>product risk, risk&link=1'>project risk, risk, risk impact, risk level, risk likelihoodも参照のこと。


リスクカテゴリ (risk category)
risk typeを参照のこと。


リスク軽減 (risk mitigation)
risk controlを参照のこと。


リスクコントロール (risk control)
特定のレベルまでリスクを減らす(あるいは、リスクレベルを維持する)ために、判定を下したり、対策したりするプロセス。


リスク識別 (risk identification)
ブレインストーミング、チェックリスト、故障履歴などを使ったリスクを識別するプロセス。


リスクタイプ (risk type)
一つ若しくは複数の共通の要因(品質の属性、発生原因、ロケーション、又はリスクの潜在する影響)で分類されたリスクのセット。リスクタイプを軽減(コントロール)できるテストのタイプと関連付けられる特定のプロダクトリスクのタイプ。たとえば、誤認識のようなユーザの相互作用のリスクは、使用性テストによって軽減することができる。


リスクの影響 (risk impact)
リスクが実際の結果又は事象となった場合に引き起こされる損害。


リスク発生確率 (risk likelihood)
リスクが実際の結果又は事象となりえる推定確率。


リスク分析 (risk analysis)
影響度と発生確率(可能性)を見積るために、識別したリスクを評価するプロセス。


リスクベースドテスト (risk-based testing)
プロジェクトの初期段階からプロダクトリスクのレベルを低減させ、ステークホルダにその状態を通知するテストの方法。プロダクトリスクの識別の他、テストプロセスをガイドする際のリスクレベルの活用もこれに含まれる。


リスクマネジメント (risk management)
リスクの識別、分析、優先順位付け、コントロールのタスクに手順や実施方法を体系的に適用すること。


リスクレベル (risk level)
影響度合と発生頻度からみた特徴で定義したリスクの重要性。リスクのレベルはテストを行なうときの強弱を決定するときに使われる。リスクレベルはまた、定性的(高/中/低など)又は定量的に表現できる。


リードアセッサー (lead assessor)
アセスメントを主導する人。CMMiやTMMiなどの公式なアセスメントを行なう場合は、リードアセッサーは、公式な訓練を受けて認定を受ける必要がある。


リリースノート (release note)
テストアイテム、その構成、現在の状態、その他のリリース情報を記述したドキュメント。テスト実行フェーズの開始前に、開発側からテスト関係者へ、場合によって他のステークホルダに提供する。[After IEEE 829]


リンクテスト (link testing)
component integration testingを参照のこと。