用語集
TOP >  用語集
JSTQBに準拠したソフトウェアテストに関する用語集ページです。
フリーキーワード検索と五十音索引で簡単に調べることができます。
(出典:ソフトウェアテスト標準用語集 V2.3.J02)
用語検索


検索結果:97件

call graph (コールグラフ)
プログラムにおけるサブルーチン間の呼び出し関係の抽象的表現。


Capability Maturity Model Integration (CMMI) (能力成熟度モデル統合)
効率的にプロダクトを開発・保守するためのプロセスの重要要素を記述したフレームワーク。プロダクトの開発・保守における計画、エンジニアリング、マネジメントでのベストプラクティスをカバーする。[CMMI]


capture/playback tool (キャプチャ/プレイバックツール)
テスト実行ツールの一つ。手動テスト中の入力を記録させ、自動テストのスクリプトを作成して、後に実行(再現)させるもの。自動回帰テストで利用することが多い。


capture/replay tool (キャプチャ/リプレイツール)
capture/playback toolを参照のこと。


CASE (ケース)
Computer Aided Software Engineering(コンピュータ支援ソフトウェア開発)の頭字語。


CAST (キャスト)
Computer Aided Software Testing(コンピュータ支援ソフトウェアテスト)の頭字語。test automationも参照のこと。


causal analysis (原因分析)
欠陥の根本的原因を特定するための分析。[CMMI]


cause-effect analysis (原因結果分析)
cause-effect graphingを参照のこと。


cause-effect decision table (原因結果デシジョンテーブル)
decision tableを参照のこと。


cause-effect diagram (原因結果グラフ)
問題のさまざまな根本的原因の相互関係を整理し示すための図表現。(潜在的な)欠陥あるいは故障をルートノードとする水平的なツリー構造を用いて、その欠陥あるいは故障の原因をカテゴリ、サブカテゴリに整理する。[After Juran]


cause-effect graph (原因結果グラフ)
入力、刺激(原因)、関連する出力(結果)を図式表現したもの。テストケースの設計で使用できる。


cause-effect graphing (原因結果グラフ法)
ブラックボックステスト設計技法の一つ。原因結果グラフからテストケースを設計する。 [BS7925/2]


certification (認定)
コンポーネント、システム、人が、適格要件に従っていることを確認するプロセス。たとえば、試験に合格するなど。


change control (変更コントロール)
configuration controlを参照のこと。


change control board (変更コントロール委員会)
configuration control boardを参照のこと。


change management (変更管理)
(1)個人やチーム、組織を現在の状態から望ましい状態へと移行させるための構造化されたアプローチ。
(2)プロダクトやサービスに対して変更あるいは提案された変更を達成するためのコントロールされた方法。
configuration managementも参照のこと。


changeability (変更性)
指定された修正を行なうことができるソフトウェア製品の能力。[ISO/IEC 9126] maintainabilityも参照のこと。 JSTQB訳注)JIS X 0129-1:2003より引用


charter (チャータ)
test charterを参照のこと。


checker (チェック担当)
reviewerを参照のこと。


checklist-based testing (チェックリストベースドテスト)
経験ベースのテスト設計技法であり、経験を積んだテスト担当者が、気づき、チェックし、あるいは記憶すべき項目の高位レベルのリストやルール集、検証すべき基準を使用して実施する。


Chow's coverage metrics (Chowのカバレッジメトリクス)
N-switch coverageを参照のこと。[Chow]


classification tree (クラシフィケーションツリー)
階層的な順番で同値分割を示したツリーであり、クラシフィケーションツリー法でテストケースを作成するときに使う。classification tree methodも参照のこと。


classification tree method (クラシフィケーションツリー法)
ブラックボックステスト設計技法の一つ。クラシフィケーションツリーを使って入力ドメインや出力ドメインの代表値の組み合わせを設計し、テストケースを記述する。[Grochtmann] combinatorial testingも参照のこと。


clear-box testing (クリアボックステスト)
white-box testingを参照のこと。


CMMI (CMMI)
Capability Maturity Model Integrationを参照のこと。


co-existence (共存性)
共通の資源を共有する共通の環境の中で、他の独立したソフトウェアと共存するためのソフトウェア製品の能力。[ISO/IEC 9126] portabilityも参照のこと。 JSTQB訳注)JIS X 0129-1:2003より引用


code (コード)
プログラミング言語、又は機械語、コンパイラやその他の変換装置によってアウトプットされたコンピュータ命令とデータ定義を表現したもの。[IEEE 610]


code analyzer (コードアナライザ)
static code analyzerを参照のこと。


code coverage (コードカバレッジ)
テストスイートが、ソフトウェアのどの部分を実行(カバー)し、どの部分が未実行かを判定する分析手法。たとえば、ステートメントカバレッジ、デシジョンカバレッジ、条件カバレッジ。


code-based testing (コードベースドテスト)
white-box testingを参照のこと。


codependent behavior (共依存的振る舞い)
他人に対する過度の感情的及び精神的依存。特に、人が望ましくない振る舞いをしている場合にそれを変えさせようとせず、その支援しか行なわないという精神的状態。たとえばソフトウェアテストにおいては、テストへの移行が遅延することについてクレームを付けはするものの、足りないテスト時間を補うために超過勤務する(ある意味)「ヒーロー」的な仕事を楽しんでおり、その結果スケジュールの遅延を増長することがある。


combinatorial testing (組み合わせテスト)
事前に定義されたレベルのカバレッジを達成するために、適切に組み合わせたテストのサブセットを識別する手段。複数のパラメータを持つオブジェクトをテストする場合、それぞれのパラメータにも複数の値があり、予定された時間内で実行できるテスト数よりも多くの組み合わせが発生するため、組み合わせテストを使用する。classification tree method, pairwise testing, orthogonal array testingも参照のこと。


Commercial Off-The-Shelf software (市販ソフトウェア(COTS))
off-the-shelf softwareを参照のこと。


comparator (比較ツール)
test comparatorを参照のこと。


compatibility testing (互換性テスト)
interoperability testingを参照のこと。


compiler (コンパイラ)
高度な命令語で表現されたプログラムを、等価の機械語に翻訳するソフトウェアツール。[IEEE 610]


complete testing (完全テスト)
exhaustive testingを参照のこと。


completion criteria (終了基準)
exit criteriaを参照のこと。


complexity (複雑度)
コンポーネントやシステムの設計・内部構造において、理解、保守、検証することが難しい度合。cyclomatic complexityも参照のこと。


compliance (標準適合性)
規格、規約又は法律上及び類似の法規上の規則を遵守するソフトウェア製品の能力。[ISO/IEC 9126] JSTQB訳注)JIS X 0129-1:2003より引用


compliance testing (標準適合性テスト)
コンポーネントやシステムの標準適合性を判定するテストのプロセス。


component (コンポーネント)
独立してテストできるソフトウェアの最小単位。


component integration testing (コンポーネント統合テスト)
統合したコンポーネント間のインターフェースや相互作用の欠陥を検出するためのテスト。


component specification (コンポーネント仕様)
コンポーネントに関する機能(特定の条件下で、特定の入力値に対する出力値を観点としたもの)、及び、要求される非機能的な振る舞い(たとえば、資源効率性)の記述。


component testing (コンポーネントテスト)
個々のソフトウェアコンポーネントのテスト。[After IEEE 610]


compound condition (複合条件)
論理演算子(AND、OR、又はXOR)によって二つ又はそれ以上の単一条件が結合されたもの。たとえば、「A>B AND C>1000」。


concrete test case (具体的テストケース)
low level test caseを参照のこと。


concurrency testing (同時処理テスト)
同じ時間幅内に発生した二つ以上の処理をコンポーネントやシステムがどう扱うか(処理を分割して交互に実行したり、並列に実行したりするなど)を判定するためのテスト。[After IEEE 610]


condition (条件)
真又は偽として評価することのできる論理的表現。たとえば、A>B。condition testingも参照のこと。


condition combination coverage (条件組み合わせカバレッジ)
multiple condition coverageを参照のこと。


condition combination testing (条件組み合わせテスト)
multiple condition testingを参照のこと。


condition coverage (条件カバレッジ)
テストスイートが遂行した条件結果のパーセンテージ。条件カバレッジを100%にするには、各判定ステートメントの全ての単一条件に対し、真と偽をテストする必要がある。


condition determination coverage (条件判定カバレッジ)
modified condition decision coverageを参照のこと。


condition determination testing (条件判定テスト)
modified condition decision testingを参照のこと。


condition outcome (条件結果)
真又は偽になる条件の評価。


condition testing (条件テスト)
ホワイトボックステスト設計技法の一つ。条件結果を実行するテストケースを設計する。


confidence interval (信頼区間)
プロジェクトリスクのマネジメントにおいて、リスクの影響を効率的に軽減するためにコンティンジェンシーアクションを実行する必要のある期間。


confidence test (コンフィデンステスト)
smoke testを参照のこと。


configuration (構成)
コンポーネントやシステムの構成要素の数、性質、相互連結によって定義される構成。


configuration auditing (構成監査)
構成アイテムのライブラリの内容をチェックする役割。たとえば、標準適合性をチェックするなど。[IEEE 610]


configuration control (構成コントロール)
構成管理の一つの要素。構成アイテムを公式に定義後、構成アイテムに対する変更を、評価、調整、承認・否認、実施すること。[IEEE 610]


configuration control board (CCB) (構成コントロール委員会)
構成アイテムに対する変更提案を評価、承認・否認することに責任を持つグループ。承認した変更の実施にも責任を負う。[IEEE 610]


configuration identification (構成識別)
構成管理の一つの要素。システムの構成アイテムを選択し、構成アイテムの機能的、物理的特性を技術ドキュメントに記録する。[IEEE 610]


configuration item (構成アイテム)
ハードウェア、ソフトウェア、又は、両方の集合体。構成管理の対象であり、構成管理プロセスでは、一つの実体として扱う。[IEEE 610]


configuration management (構成管理)
技術的かつ管理的な指示と監視を適用する規範。この規範の目的は
・構成アイテムの特性を機能的、物理的に識別・文書化すること
・特性に対する変更をコントロールすること
・処理の変更と実装の状況を記録し、報告すること
・特定の要求への整合を実証すること
である。[IEEE 610]


configuration management tool (構成管理ツール)
構成アイテムの識別やコントロール(変更やバージョンの状態や構成アイテムをまとめたベースラインのリリース)を支援するツール。


configuration testing (構成テスト)
portability testingを参照のこと。


confirmation testing (確認テスト)
修正が成功したかを検証するために、前回不合格に終わったテストケースを再実行するテスト。


conformance testing (適合テスト)
compliance testingを参照のこと。


consistency (一貫性)
均一性、規格統一性、及び、コンポーネントやシステムのドキュメントや構成物間の無矛盾性の度合。[IEEE 610]


consultative testing (コンサルテーションベースのテスト)
外部テストチームの適切な専門家(テクノロジ専門家又はビジネスドメインの専門家)のアドバイス及びガイダンスに基づいて実行されるテスト。


content reference model (コンテンツ参照モデル)
content-based modelを参照のこと。


content-based model (コンテンツベースドモデル)
優れたエンジニアリングプラクティス(たとえば、テストプラクティス)に関する詳細な説明を提供するプロセスモデル。


continuous representation (連続表現)
特定のプロセスエリア群内でのプロセス改善アプローチのための推奨順番として提供された、能力レベルをみる成熟度モデル構造。 [CMMI]


control chart (管理図)
統計に基づくプロセス管理ツール。プロセスを監視し、統計的に管理されているかどうかを確認する。プロセスの平均値と、上方管理限界及び下方管理限界(最大値及び最小値)を図示する。


control flow (制御フロー)
コンポーネントやシステムの実行における一連のイベント(パス)。


control flow analysis (制御フロー解析)
コンポーネントやシステムを実行する際に表現される特定のパス(一連のイベント)に基づいた静的解析の一種。制御フロー解析では、閉ループやデッドコードなどの制御フローの異常な箇所を見つけ出すことによって、制御フロー構造の完全性を評価する。


control flow graph (制御フローグラフ)
コンポーネントやシステムの実行における全てのイベント (パス) のシーケンスを抽象表現したもの。


control flow path (制御フローパス)
pathを参照のこと。


control flow testing (制御フローテスト)
構造ベースドテストのアプローチの一つ。テストケースはイベントを特定の順序で実行するように設計される。制御フローテストには、さまざまな技法が存在する。たとえば、デシジョンテスト、条件テスト、パステストなどがあり、それぞれが特定のアプローチと制御フローカバレッジのレベルを持つ。decision testing, condition testing, path testingも参照のこと。


convergence metric (収束メトリック)
定義した基準に向けて進捗していることを示すメトリック。たとえば、実行されたテストの合計数が、実行が計画されているテストの総数に収束することを示すメトリック。


conversion testing (変換テスト)
現行システムからリプレースするシステム用にデータ変換するソフトウェアに対するテスト。


corporate dashboard (コーポレートダッシュボード)
企業業績の状況に関するダッシュボードスタイルの表現。balanced scorecard, dashboardも参照のこと。


cost of quality (品質コスト)
品質にかかる活動や問題のトータルコスト。予防コストと評価コスト、内部失敗コスト、外部失敗コストというように分ける場合が多い。


COTS (COTS)
Commercial Off-The-Shelf software(市販ソフトウェア)の頭字語。off-the-shelf softwareを参照のこと。


coverage (カバレッジ)
特定のカバレッジアイテムをテストスイートが遂行した度合。パーセンテージで表す。


coverage analysis (カバレッジ分析)
特定のカバレッジアイテムのうち、どれだけ実行したかをテスト実行中に計測すること。追加テストが必要か、必要ならどのテストを追加するかの判定用に事前に定めた判定基準に照らして実施する。


coverage item (カバレッジアイテム)
テストカバレッジの基礎となる実体や属性。たとえば、同値分割やステートメント。


coverage measurement tool (カバレッジ測定ツール)
coverage toolを参照のこと。


coverage tool (カバレッジツール)
テストスイートが遂行したステートメントや分岐等の構成要素の客観的な測定結果を提供するツール。


critical success factor (重要成功要因)
組織やプロジェクトが使命を全うするのに必要な要素。成功を確実なものにするのに不可欠な要因や活動。


Critical Testing Processes (クリティカルテストプロセス)
12の重要なプロセスから構成されるテストプロセス改善のためのコンテンツベースドモデル。企業の利益や評価に影響を与えるようなミッションクリティカルなプロセスやコンピタンスの状況を同僚や経営陣が判断できるよう高度に可視化したプロセスを含む。content-based modelも参照のこと。


CTP (CTP)
Critical Testing Processesを参照のこと。


custom software (カスタムソフトウェア)
bespoke softwareを参照のこと。


custom tool (カスタムツール)
特定のユーザ又は顧客に特別に開発されたソフトウェアツール。


cyclomatic complexity (サイクロマティック複雑度)
プログラムの中を通る線形的で独立したパスの最大数。L-N+2P で計算できる。
- L = グラフ中のエッジ/リンクの数
- N = グラフ中のノードの数
- P = グラフの繋がっていない部分の数(たとえば、呼ばれるグラフ又はサブルーチンの数 [After McCabe]


cyclomatic number (サイクロマティック数)
cyclomatic complexityを参照のこと。