用語集
TOP >  用語集
JSTQBに準拠したソフトウェアテストに関する用語集ページです。
フリーキーワード検索と五十音索引で簡単に調べることができます。
(出典:ソフトウェアテスト標準用語集 V2.3.J02)
用語検索


検索結果:15件

understandability (理解性)
ソフトウェアが特定の作業に特定の利用条件で適用できるかどうか、及びどのように利用できるかを利用者が理解できるソフトウェア製品の能力。[ISO/IEC 9126] usabilityも参照のこと。 JSTQB訳注)JIS X 0129-1:2003より引用


unit (ユニット)
componentを参照のこと。


unit test framework (ユニットテストフレームワーク)
適切なスタブやドライバを併用した状態、又は独立した状態でコンポーネントをテストできるユニットテスト又はコンポーネントテスト用の環境を提供するツール。デバッグ機能など、開発者を支援するその他の機能もある。[Graham]


unit testing (ユニットテスト)
component testingを参照のこと。


unreachable code (到達不能コード)
到達できないため、実行不能なコード。


usability (使用性)
指定された条件の下で利用するとき、理解、習得、利用でき、利用者にとって魅力的であるソフトウェア製品の能力。[ISO/IEC 9126] JSTQB訳注)JIS X 0129-1:2003より引用


usability testing (使用性テスト)
ソフトウェア製品が、特定の条件下で理解され、学びやすく、使用しやすく、ユーザにとって魅力的である能力を判定するためのテスト。[After ISO/IEC 9126]


use case (ユースケース)
アクターとコンポーネント又はシステムとの間の対話における一連のトランザクション。視覚できる結果を伴う。アクターは、ユーザ又はシステムと情報交換するあらゆるものになりうる。


use case testing (ユースケーステスト)
ブラックボックステスト設計技法の一つ。ユースケースのシナリオを実行するテストケースを設計する。


user acceptance testing (ユーザ受け入れテスト)
acceptance testingを参照のこと。


user scenario testing (ユーザシナリオテスト)
use case testingを参照のこと。


user story (ユーザストーリー)
高位のユーザ要件又はビジネス要件。主に、アジャイルソフトウェア開発で用いられる。ユーザが要求とする機能及びあらゆる非機能を獲得し、日常言語又はビジネス言語で表現される一つ以上の文で構成する。また、受け入れ基準も含む。agile software development, requirementも参照のこと。


user story testing (ユーザストーリーテスト)
ブラックボックステスト設計技法の一つ。ユーザストーリーが正しく実装されていることを検証するために、テストケースをユーザストーリーに基づいて設計する。user storyも参照のこと。


user test (ユーザテスト)
コンポーネント又はシステムの使用性を評価するために現実のユーザが参加するテスト。


user-based quality (ユーザベースド品質)
品質に対する考え方の一つ。ユーザの必要性、要望、願望を、どこまで満たすか、というもの。要求を満たしていないプロダクトやサービスは、いかなるユーザの支持も得ることができない。この(ユーザベースド)品質は、背景によって異なる流動的なアプローチである。なぜならば、プロダクトごとに異なる品質の側面によりビジネスに求められる特徴が変わってくるためである。[after Garvin] manufacturing-based quality, product-based quality, transcendent-based quality, value-based qualityも参照のこと。