バルテスグループにとって情報資産(情報および情報システム等)は、ソフトウェアテストサービス事業、コンテンツテストサービス事業、テストコンサルティング事業、アプリケーション開発業務等のバルテスグループのビジネス活動において、利益を生み出していくための源泉として最も重要な資産であり、また情報セキュリティ事故を未然に防止することは、社会的な責務である。

バルテスグループは、情報セキュリティ上の脅威から情報資産を保護するために、情報資産を正確かつ安全に取り扱い、経営戦略に沿った情報セキュリティを実現するとともに、お客様の信頼に応えていくものとする。

  1. バルテスグループは、情報セキュリティに対するバルテスグループの取り組みに関する経営陣の意思を表明し、それに基づく主な行動指針を明確にすることにより、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を適切に構築・運用し、重要な情報資産の機密性、完全性、可用性の確保に努め、その有効性を継続的に確保する。
  2. バルテスグループは、ISMSの運営のために情報セキュリティ管理責任者と情報セキュリティ委員会を設置する。また、各部門にISMSを適切に運用するために必要な組織体制を整備する。
  3. バルテスグループは取り扱うすべての重要な情報資産のリスクを受容可能な水準に保つため、リスクアセスメントに関する体系的な手順と評価基準を定め、リスクアセスメントに基づく適切なリスク対策を講じる。
  4. バルテスグループは、お客様との契約及び法的または規制要求事項を尊重し、遵守する。
  5. バルテスグループは、以下の情報セキュリティ目的を設定し、この目的を達成するための諸施策を確実に実施する。
    • (1)バルテスグループは年度初めの事業計画作成時に、「情報セキュリティ目的」の見直しを実施する。
    • (2)「情報セキュリティ目的」は達成可能なものであり、定性的または定量的に評価可能でなければならない。
    • (3)「情報セキュリティ目的」の達成状況は、経営陣に報告する。
  6. バルテスグループは、ISMSの維持向上のため全社員に対して定期的に教育を実施し、効果を測定する。
  7. 本規程の適用範囲は「ISMS適用範囲」において別途定める。

(付則)
本基本方針は、2015年4月1日から施行する。

2017年5月30日
バルテス株式会社
代表取締役社長 田中 真史