【2/9(火) 無料ウェビナー】サイバーリスクを分析するセキュリティセミナー

【2/9(火) 無料ウェビナー】サイバーリスクを分析するセキュリティセミナー

サイバー被害を防ぐ手立てと、リスク管理

コロナ禍の情勢に於いて、ビジネスにおけるデジタル活用がかつてないほど加速しています。
一方、デジタル推進によって新たなサイバーリスクが発生する危険性も高まっている状況です。

本セミナーでは東京海上日動リスクコンサルティング株式会社より、情報セキュリティコンサルティングを多数手がける指田朝久氏をお招きし、クラウドシステムの開発・導入・運用で避けることができないサイバーリスクとの向き合い方、及びリスク管理の手法を検討します。
また、2020年10月よりサービスを開始したサイバーセキュリティ保険と脆弱性診断を組み合わせたセキュリティサービスをご紹介。

サイバーリスクの数値化、及び投資対効果を高めるサイバーセキュリティ戦略を考察し
ニューノーマル時代の合理的な情報セキュリティ方針を考えてまいります。

  • クラウドサービス事業者、EC事業者、開発会社
  • 事業部門、開発部門、情報システム部門
  • 事業責任者、プロジェクトマネージャ、エンジニア、プリセールス
  • システムの導入検討・決定者の方、導入にあたりセキュリティ要件を精査する方
  • システム開発の責任者、ご担当者

イベント概要

開催日 2021/2/9(火) 15:00-16:50 
定員 100名
※ 先着順となります
受講料 無料
その他 本セミナーはWeb会議サービス「Zoom」で開催いたします。
進行次第で終了時間が前後する場合がございます。
カメラ・マイクは利用しません。

登壇者紹介

指田 朝久
指田 朝久

東京海上日動リスクコンサルティング株式会社  ソリューション創造本部 主幹研究員

1955年生まれ。東京大学工学部を卒業し東京海上火災保険株式会社に入社、1996年現会社設立とともに出向。危機管理、事業継続計画BCP、情報セキュリティなどのコンサルティングに従事。 立教大学21世紀社会デザイン研究科客員教授他、法政大学、慶応大学、同志社大学の各ビジネススクール等合わせて6大学の非常勤講師兼務、 京都大学博士(情報学)、気象予報士、情報処理技術者システム監査の資格をもつ。 著書に「リスクマネジメントがよ~くわかる本」他多数。

hori
堀 明広

バルテス株式会社 第3ソフトウェアテスト事業部 R&C部 部長

組込み系プログラマー、ソフトウェア品質管理を経て、現職はバルテス株式会社 R&C部 部長 兼 上席研究員。担当業務は社内人材育成、検証・分析の技術開発、標準化、セミナー講師。訳書は『ソフトウェアテスト293の鉄則』(日経BP、共訳)、『ISO/IEC/IEEE 29119 ソフトウェアテスト規格の教科書』(バルテス、監訳)。著書は『ソフトウェア見積りガイドブック』(オーム社、共著)、『続・定量的品質予測のススメ』(佐伯印刷、共著)、『IT業界の病理学』(技術評論社、共著)。 得意分野はバグ分析。

留意事項

セミナー当日について

※ ビデオ・写真の録画・撮影や、音声の録音はご遠慮ください。
※ 講座資料の無断転載はご遠慮ください。
※ 参加者の通信環境や機器等による原因で視聴できなかった場合につきましては責任を負いかねます。

注意事項

※ イベントレポートとしてWebサイト等を通じて報告等を行う場合がございます。ご質問内容などを個人・企業が特定できない形で利用させていただくことがございます。
※同業他社様からのお申込みはお断りをさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

バルテスの診断サービスには、最大1,000万円の補償が受けられる「サイバーリスク保険」が付帯します。