【2022年版】Windowsバージョン別シェア率まとめ。Windows11のリリースから約1年でどの程度伸びたか?

最終更新日時:2022.11.30 (公開日:2022.11.30)
【2022年版】Windowsバージョン別シェア率まとめ。Windows11のリリースから約1年でどの程度伸びたか?

2021年10月、およそ6年半ぶりにWindowsの最新バージョンであるWindows11が正式にリリースされました。それから1年ほど経ち、 Windowsのバージョン別シェア率に大きな変動はあったのでしょうか。

前回、iOSのバージョンシェア率Androidのバージョンシェア率を紹介したのに続き、今回はWindowsのバージョン別シェア率について紹介いたします。

StatCounterで公開されている情報をもとに、世界各国と日本国内におけるそれぞれのシェア率、2022年10月から過去一年間のバージョンシェア率の変動をまとめています。

(※StatConterでは、独自のデータを元に世界各国のOSバージョンの割合を公開しています)

もくじ
  1. Windows バージョン シェア率(日本、世界)(2021年10月~2022年10月)
  2. まとめ

Windows バージョン シェア率(日本、世界)(2021年10月~2022年10月)

日本国内

2022年10月 Windows バージョン シェア率

カテゴリ 2022年10月時点でのシェア率 リリース日
Windows 11 19.65% 2021年10月5日
Windows 10 70.67% 2015年7月29日
Windows 8.1 3.58% 2013年10月18日
Windows 8 0.22% 2012年8月16日
Windows 7 5.44% 2009年9月1日
Windows Vista 0.26% 2006年11月30日
Windows XP 0.18% 2001年9月6日
Other 0.01% -

Windows バージョン シェア率変動(2021年10月~2022年10月)

windows 1.png

世界全体

2022年10月 Windows バージョン シェア率

カテゴリ 2022年 10月シェア率 リリース日
Windows 11 15.35% 2021年10月5日
Windows 10 71.43% 2015年7月29日
Windows 8.1 2.44% 2013年10月18日
Window8 0.68% 2012年8月16日
Windows 7 9.56% 2009年9月1日
Windows Vista 0.13% 2006年11月30日
Windows2003 0.01% 2003年6月25日
WindowsXP 0.39% 2001年8月24日
Other 0.00% -

Windows バージョン シェア率変動(2021年10月~2022年10月)

windows2.png

まとめ

日本のみで見た場合と世界で見た場合の比率を比較したところ、日本のほうが約4ポイントほどWindows11の普及率が高い結果となりました。ただ、各バージョンについてそれほど大きなさは見られず、Windows10が最も大きなシェア率を締めている状況は変わりませんでした。

2022年11月現在、Windows10のシェア率が世界的に見て約70%台と非常に高いことが伺えます。

ただ、緩やかにではありますが、Windows11のシェア率も徐々に高まっていることが見受けられます。

Windows11のシェア率は、今後も拡大し続けることが予想されるでしょう。

参考:Operating System Market Share

執筆者:Qbook編集部

ライター

バルテス株式会社 Qbook編集部。 ソフトウェアテストや品質向上に関する記事を執筆しています。