Facebook x

ジャンル

資格対策特集
資格対策特集 2023.10.27
x hatenabookmark

IVEC(IT検証技術者認定試験)とは?試験概要と2024年春試験からの変更点まとめ

執筆: Qbook編集部

ライター

IVEC(IT検証技術者認定試験)とは?試験概要と2024年春試験からの変更点まとめ

テストエンジニアの資格試験は様々あり、IVEC(IT検証技術者認定試験)もその一つです。

IVECでは実際のテスト現場の実務を重視していることが特徴です。IVECの資格を取得することで、自身のスキルアップはもちろん社内外でのスキルの証明にもなるでしょう。

今回はIVECの試験概要と、試験対策になる学習方法について解説していきます。今後資格取得をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

もくじ
  1. IVEC(IT検証技術者認定試験)とは?
  2. IVECの試験概要・申込方法
    1. 試験概要
    2. 申込方法
  3. 2024年春期からの新試験クラスと変更点
  4. IVECに向けた学習方法3選
    1. シラバスを読む
    2. 過去問題を解く
    3. 学習コンテンツを活用する
  5. まとめ

1.IVEC(IT検証技術者認定試験)とは?

IVEC(IT検証技術者認定試験)とは、※一般社団法人IT検証産業協会(IVIA)が認定するテストエンジニアの資格試験です。試験は年2回のペースで実施されています。

ソフトウェアテストの資格の中でもIVECは、テスト現場の実務を重視しており、取得することでソフトウェアテスト技術者として業界で高い評価を受けることができます。

※一般社団法人IT検証産業協会(IVIA)は、①業界認知度向上②情報発信③技術者創出・育成の3点を軸に、IT検証産業の技術力向上および標準化に努めている業界団体です。

2.IVECの試験概要・申込方法

IVECの試験を受験したい方に向けて、試験概要と申込方法を解説していきます。

2-1 試験概要

まずは、IVECの試験概要について解説していきます。

※2023年秋期試験までの概要です。2024年春期から新試験制度に変更になります。(詳しくは3章へ)

開催月:

毎年5月・11月に実施。

開催場所:

5月:札幌、岩手、東京、横浜、名古屋、大阪、沖縄の7会場を予定

11月:札幌、岩手、東京、横浜、名古屋、大阪、沖縄の7会場を予定

※その他地区でも、要望に応じて臨時開催がある場合も。詳しくは、IVIA事務局までお問合せ必須。

受験料:

  • レベル1:19,800円(税込)
  • レベル2:22,000円(税込)
  • レベル3~5:25,300円(税込)

受験資格:

  • レベル1~2:受験資格はなし。
  • レベル3:IT検証技術者レベル2認定者
  • レベル4:IT検証技術者レベル2またはレベル3認定者
  • レベル5:IT検証技術者レベル4認定者

回答形式:

PCを使った記述式

試験時間:

180分

3-2 申込方法

IVECの試験申し込みは試験日の約2か月前から1か月間の間で行うことができます。

IVECの公式サイトに申込ページを掲載されるので、そちらから申込をしましょう。

  • 5月試験:3月中旬~4月中旬
  • 11月試験:9月中旬~10月中旬

一般社団法人IT検証産業協会(IVIA)会員企業の方は、専用の申込フォームがあります。

試験申込が開始されたらIVIAの窓口担当へ問い合わせをしましょう。

3.2024年春期からの新試験クラスと変更点

IVECでは、これまで7階層の試験クラスがありましたが、5段階のクラスに改変する事を2023年9月に発表しました。

これまでの試験階層を分け直し、新たに初心者向けのクラスと、専門家として活躍できるクラスが新設されます。

スクリーンショット 2023-09-25 164923.png

出展:IVIA公式ホームページより

2024年春からの主な変更点は以下の通りです。

受験資格

上位のレベルの試験を受験するには、下位レベルの資格取得が必要だったが、受験者の希望に合ったクラスを受験することができる。

受験方法

  • アシスタント試験...IBT(Internet Based Testing)形式での受験を計画中
  • ・テスター、デザイナー、アーキテクト試験...当面は指定試験会場での集合受験だが、順次CBT(Computer Based Testing)形式での受験へ移行計画中
  • ・エバンジェリスト試験...論文審査の試験となり、必要資料の提出による受験となる予定

試験内容

  • テスター、デザイナー、アーキテクト試験...当面は現在のシラバスを踏襲。今後は産業界が求めている専門性の高いスキル(テスト自動化、IoT、セキュリティ、UX など)の試験内容を盛り込む予定。
  • アシスタント試験...テストに関する基本やテストマインド、テスト技法などを出題予定です。
  • エバンジェリスト試験...専門家資格の認定になり、論文形式の審査を予定。※具体的な試験範囲は、シラバスを公開。

受験料

試験内容の見直しにより受験料の変更を検討中。新料金は2024年春期試験の告知で公開。

新しい試験制度についての変更点やQ&Aについて詳しくはこちらをご覧ください。

4.IVECに向けた学習方法3選

IVEC試験の対策として学習方法を3つご紹介します。

受験を予定されている方は参考にしてみてください。

4-1 シラバスを読む

試験対策としてはまずシラバスを確認しましょう。

シラバスとは、試験の教科書となるような資料です。

IVECでは各レベルに沿ってシラバスが公開されています。試験勉強には必須の資料になるので、こちらをチェックしておきましょう。

4-2 過去問題を解く

過去問題を解くことも学習方法の一つです。

IVIA公式サイトには過去問題と解答例も掲載されています。

どのような形で問題が出題されるのか、どのような解答が正となるのか、事前に確認しておくことでより効率的に問題を解くことができるでしょう。

正答率を上げるためにも過去問題・解答例は確認しておきましょう。

4-3 学習コンテンツを活用する

試験対策として、学習コンテンツを活用するのもおすすめです。

Qbookでは、IVEC試験に対応したテスト対策アプリ「テス友」を提供しています。

テス友はiOS/Androidそれぞれに対応したテスト資格対策用の学習アプリです。Webブラウザ上からの実施にも対応しています。

テス友.png

ソフトウェアテスト資格完全攻略 テス友

テス友では、すべての問題に解説と関連シラバス・用語集を完備。あなたの勉強を徹底的にサポートします。既に合格した方にとっても、すぐにシラバスや用語集を調べられるなど、テスト技術者の心強い「友」となってくれることでしょう。

無料で使えるアプリなので、誰でも気軽にダウンロードいただくことができます。

家でパソコンに向かう時間だけではなく、通勤・通学の時間にアプリで勉強することが可能です。忙しい中で試験勉強を効率的に行うためにも、テス友のような学習コンテンツを活用していきましょう。

まとめ

IVEC(IT検証技術者認定試験)とは、一般社団法人IT検証産業協会(IVIA)が認定するテストエンジニアの資格試験です。

IVECでは、テスト現場の実務を重視しています。取得することでソフトウェアテスト技術者として業界で高い評価を受けることができるでしょう。

試験は年2回実施されており、今年度は11月12日(日)に秋期試験が実施されます。※2023年秋期試験の申込受付は終了しました。

スキルアップのために受験をお考えの方は、試験概要と学習方法を参考にしてみてください。

資格対策特集
x hatenabookmark

執筆: Qbook編集部

ライター

バルテス株式会社 Qbook編集部。 ソフトウェアテストや品質向上に関する記事を執筆しています。