ソフトウェア品質やテストに関する書籍を選定し、レビューしています。

書籍選びの参考としてぜひご活用ください。

  • ※書籍の紹介情報は独自編集したものであり、著者、出版社が責任を負うものではありません。
今月の一冊

書評「伝わる[図・グラフ・表]のデザインテクニック」

北田 荘平, 渡邉 真洋, エムディエヌコーポレーション

Qbookでこちらの書評をご覧いただいている皆様の多くは、ソフトウェア開発やソフトウェアテストに関わっていらっしゃることでしょう。
書評を執筆している私もその一人で、特にテストの管理を担当することが多いです。
その中でも意外と仕事として多いのが、不具合の分析報告など、データをまとめて報告する作業です。
データの分析をするためにはまずはデータの取得が必要です。
加えて、集めたデータをどのような形で報告すべきはいつも悩むところです。
本書では報告の際に役立つ、グラフや表のデザインテクニックをわかりやすく説明しています。
また「ストーリー」として、伝えたいことを整理するためのポイントについて述べられています。
テストに関連した報告でもこの「ストーリー」は重要だと考えています。
皆さんが報告書を作成される際の一助になることは間違いないでしょう。