ソフトウェア品質やテストに関する書籍を選定し、レビューしています。

書籍選びの参考としてぜひご活用ください。

  • ※書籍の紹介情報は独自編集したものであり、著者、出版社が責任を負うものではありません。
今週の一冊

書評『「品質力」の磨き方』

長谷部 光雄(著) PHP研究所

これまで世界一の品質を誇っていた日本で、製品トラブルやリコールが相次いでいる。その原因は、技術力の低下ではなく、従来のテスト中心のモノづくりを推し進めてきた結果浮上してきた「見えない不良」の存在にあると著者は説く。従来のモノづくりの限界を解決するために必要な「品質工学」の発想を、誰にでもわかりやすく解説した入門書。