用語集
TOP >  用語集
JSTQBに準拠したソフトウェアテストに関する用語集ページです。
フリーキーワード検索と五十音索引で簡単に調べることができます。
(出典:ソフトウェアテスト標準用語集 V2.3.J02)
用語検索


検索結果:44件

maintainability (保守性)
修正のしやすさに関するソフトウェア製品の能力。修正は、是正若しくは向上、又は環境の変化、要求仕様の変更及び機能仕様の変更にソフトウェアを適応させることを含めてもよい。[ISO/IEC 9126] JSTQB訳注)JIS X 0129-1:2003より引用


maintainability testing (保守性テスト)
ソフトウェア製品の保守性を判定するテストのプロセス。


maintenance (メンテナンス)
リリース後のソフトウェア製品を変更すること。欠陥の修正、性能や他の特性の改善、変更した環境への製品適合などを目的とする。[IEEE 1219]


maintenance testing (保守テスト)
運用システム自体の変更や、稼動環境の変更が運用システムに与える影響をテストすること。


man in the middle attack (中間者攻撃)
ユーザに気づかれることなく、第三者により、通信(たとえば、クレジットカード決済情報)の傍受、模倣、改ざん、転送が行なわれる攻撃。


management review (マネジメントレビュー)
ソフトウェアの取得、供給、開発、運用、保守、といったプロセスを体系的に評価すること。管理者や管理者の代理者が、進捗を監視し、計画やスケジュールの状態を判定し、要件やシステム割り当てを確認し、目的遂行用に最適化されるようマネジメントアプローチの効率を評価する。[After IEEE 610, IEEE 1028]


manufacturing-based quality (マニファクチャリングベースド品質)
品質に対する考え方の一つ。
品質はプロダクト又はサービスが、その意図した設計と要件に準拠する度合によって測定される、というもの。品質は、使用されるプロセス(群)に依存する。[After Garvin] product-based quality, transcendent-based quality, user-based quality, value-based qualityも参照のこと。


master test plan (マスターテスト計画)
通常、複数のテストレベルを扱うテスト計画。test planも参照のこと。


maturity (成熟性)
(1)プロセスや作業の有効性と効率に関する組織の能力。Capability Maturity Model Integration, Test Maturity Model integrationも参照のこと。
(2) ソフトウェアに潜在する障害の結果として生じる故障を回避するソフトウェア製品の能力。[ISO/IEC 9126] reliabilityも参照のこと。JSTQB訳注)JIS X 0129-1:2003より引用


maturity level (成熟度レベル)
定義済みプロセス領域のセット全体において、セット内の全てのゴールが達成されているプロセス改善の度合。[TMMi]


maturity model (成熟度モデル)
組織の成熟度の特定側面を構造的に記述した集合体で、組織のプロセスの定義と理解を助ける。成熟度モデルは、多くの場合、共通言語、ビジョンの共有、及び改善活動の優先順位を付けるためのフレームワークを提供する。


MBTI(Myers-Briggs Type Indicator (MBTI)) (マイヤーズ - ブリックスタイプ指標)
人々のさまざまな性格及びコミュニケーションスタイルを表す、個人の心理学的な傾向の指標。


MC/DC(modified condition decision coverage) (改良条件判定カバレッジ)
判定結果に対して独立に影響する全単一条件結果のうち、テストスイートが遂行した条件結果のパーセンテージ。100%の改良条件判定カバレッジ(MC/DC)は、100%の判定条件カバレッジを意味する。


MCDC (MC/DC)
modified condition decision coverageを参照のこと。


measure (測定値)
測定することによって、ある実体の特性に付加した数字や種別。[ISO/IEC 14598]


measurement (測定)
ある実体の特性を表すため、数字や種別を付加する手順。[ISO/IEC 14598]


measurement scale (測定尺度)
データ分析のタイプに合わせた尺度であり、その尺度でデータ分析を行なう。[ISO/IEC 14598]


memory leak (メモリリーク)
プログラムの動的領域割り当てロジックの欠陥によって起こるメモリアクセス異常。この欠陥により、使用メモリの解放ができなくなる。メモリ不足によって、最終的にプログラムや他の並行プロセスが失敗する。


methodical testing (方法的テスト)
チェックリスト、品質基準、汎用テストケースなど、テストの基準セットに基づくテスト。


metric (メトリック)
測定尺度、及び、測定手法。[ISO/IEC 14598]


migration testing (移行テスト)
conversion testingを参照のこと。


milestone (マイルストン)
(中間)成果物と結果の準備完了が定義されている、プロジェクトのある一時点。


mind map (マインドマップ)
中心となるキーワードやアイデアの周囲に、用語、アイデア、タスク、又は他の項目を表現し、関連付け、配置するために使われる図。マインドマップは、アイデアを作り出し、視覚化し、構造化し、分類するために記述する。学習、組織化、問題解決、意思決定、文書作成の補助として活用される。


mistake (誤り)
errorを参照のこと。


model-based testing (モデルベースドテスト)
テスト対象のコンポーネント又はシステムのモデルに基づくテスト。モデルとしては、たとえば、信頼度成長モデル、運用プロファイルなどの使用モデル、デシジョンテーブル又は状態遷移図などの振る舞いモデルなどが使用される。


modeling tool (モデリングツール)
ソフトウェアやシステムのモデルの作成、修正及び妥当性確認を支援するツール。[Graham]。


moderator (モデレータ)
インスペクションや、他のレビュープロセスに責任を持つ、リーダや中心人物。


modified condition decision testing (改良条件判定テスト)
ホワイトボックステスト設計技法の一つ。判定結果に対して独立に影響する単一条件結果を実行するテストケースを設計する。


modified multiple condition coverage (改良複合条件カバレッジ)
modified condition decision coverageを参照のこと。


modified multiple condition testing (改良複合条件テスト)
modified condition decision testingを参照のこと。


module (モジュール)
componentを参照のこと。


module testing (モジュールテスト)
component testingを参照のこと。


monitor (モニタ)
テスト時に、コンポーネントやシステムと同時に実行し、コンポーネントやシステムの振る舞いを監視、記録、分析するソフトウェアツールやハードウェア装置。[After IEEE 610]


monitoring tool (モニタリングツール)
monitorを参照のこと。


monkey testing (モンキーテスト)
製品の使用法については全く考慮せず、広範囲の入力からランダムに選択し、ボタンをランダムに押すことでテストを行なう方法。


MTBF (平均故障間隔)
Mean Time Between Failuresを参照のこと。


MTBF(Mean Time Between Failures) (平均故障間隔)
システムにおける故障から次の故障までの平均時間。MTBFは、通常、欠陥修正プロセスの一部として、障害が発生したシステムを直ちに修復することを想定した信頼度成長モデルの一部である。reliability growth modelも参照のこと。


MTTR (平均修復時間)
Mean Time To Repairを参照のこと。


MTTR(Mean Time To Repair) (平均修復時間)
システムが故障から回復するまでに要する平均時間。これには一般的に欠陥が解決されていることを保証するテストが含まれる。


multiple condition (複合条件)
compound conditionを参照のこと。


multiple condition coverage (複合条件カバレッジ)
テストスイートが遂行した一つのステートメントの中にある全ての単一条件結果の組み合わせのパーセンテージ。100%の複合条件カバレッジは、100%の改良条件判定カバレッジを意味する。


multiple condition testing (複合条件テスト)
ホワイトボックステスト設計技法の一つ。(一つのステートメント中の)単一条件結果の組み合わせを実行するテストケースを設計する技法。


mutation analysis (ミューテーション解析)
テストスイートの完全性を判定する手法の一つ。プログラムのわずかな変形(変異)をテストスイートがどの程度識別できるかを測定する。


mutation testing (ミューテーションテスト)
back-to-back testingを参照のこと。